Site Overlay

Who needs it


久しぶりにちびっこたちのツーショットです。
うーたんの体調が戻ったと思ったら
すっぴが秋の訪れと共にイマイチになってしまい
やっぱり心配な毎日。
ここが辛いとか、
ホント、口で言って欲しい…。
と、無理なことを言っても仕方ないので
日々のチェックがやっぱり大事になってきますね。

毎度の検診の時に
すっぴの状況を先生に報告。
飛べなくなってしまった原因は
自分で羽の内側の部分「次列風切」を
ほとんどかじって切ってしまっていること。
自然に抜ければまた生えてくるのですが、
すっぴの場合は途中で切れてしまっているので
根元から抜けないと次のが生えてこないとのこと。
どうやら寒くなってきてケージから出してもらえなかったストレスで
自分でかじってしまっているみたい。
風邪をひかないように…、との
こちらの気遣いがあだになってしまったようです。
食欲もあるし、すっごい元気なのですが、
飛べなくなった自分には大ショックみたいです。
外に出てがんばって飛ぼうとするのですが、
落下するたびがっかりしている様子です。
少しでもストレスを軽減させるために
部屋を暖かくして
飛ぶ練習に付き合ってあげるしかないみたいです。
すっぴ、ゆっくりやろう!焦らずね!

うーたんはすっかり歯の痛みが無くなったようで
食欲も戻り体がまたしっかりしてきました。
この間の病院で計ったときは1500gでしたが
今はちょっと増えたかなぁ。
それにしてもすっぴは14gなので
そう考えるとすっぴはやっぱりとっても小さいですね。(笑)

さて、先日、「国立新美術館」に
知り合いの方の展示を観に行ってまいりました。
あんまり建物がすごいんで、思わずパシャリ。
黒川紀章さんの建築。
都知事選の時はなんかすごいぞ、と思いましたが、
やっぱりすごい人ですね。
「国立新美術館」、かっこよすぎる!!
中に入るとこんなすごい場所にレストランが!

↑ の下のフロアがカフェで
上の部分がレストラン。
スターウォーズのセット!?って感じ。(笑)

思わずライトセーバー振ってみたくなったりして…。(笑)
作品もすごく良かったのですが
建物もまた良くて
二度おいしい訪問先でした。
また機会あったら行ってみようっと。
さてさて今日の音楽です。
以前にも何度も書いている
ブラジルのピアニストManfredo Festさんの
古いアルバムから…。
「MANIFESTATIONS / Manfredo Fest」(1978)

MANFREDO FEST / MANIFESTATIONS

先日、天才青年ki910mo氏から
「70年代組は突き抜けてますな。」って
メールが突然来たのですが、
ホント、私もそう思います。
この頃の音楽はどのジャンルもホントすごい!
Manfredo Festさん、
このアルバムをつくった78年というと
おそらく42歳の時。
そういう時代だったのかもしれないけれど
42歳でもバリバリとんがり続けていたんだなぁ、と思ったり…。
このアルバムの音源を聴いて
やっぱりやりたいことをやるのが一番!と
改めて思ったりして。
中でも「Who needs it」や「Jungle Kitten」なんか
しびれまくりです。
でも、このアルバム。
どうやらアナログしかないらしくて
思わずレコードを買っちゃいそうな勢いなのですが、
どうかひとつ、CDで
再発してくれないかなーーーー、
と星に願いを… -人- ☆。
そんなわけで
YouTubeに音源がアップされていたので是非!

By Popular Demand: Manfredo Fest – Who needs it
んで、この「Who needs it 」という曲は
1987年に発表された「Braziliana」というアルバムでも
別アレンジで演奏されていて
そちらもまたまたかっこいいですっ!
(この音源はYouTubeに無かった…)
来週はシンセサイザーフェスタでライブだ!
がんばりましょう!ウス!

Who needs it」への4件のフィードバック

  1. とちもん さんの発言:

    2ショットかわいすぎる~。
    うーたんは茶色とおもっていたのですが、すっぴちゃんとならんでいるのを見るとかなりうすい茶色なんでしょうね。すっぴちゃんの正面顔がかわいい~。
    そっか、すっぴちゃんストレスで自分の羽をきってしまっていたんですか。新しいのに生え変わらないと上手に飛べないとなると着地の際に足をくじいたりしないよう気をつけてあげないとだめですね。寒くなると散歩させるのも心配だけど、散歩させないでストレスになってしまうのも大変ですね。
    うーたんの体重は1.5kgですか。猫よりもだいぶちいさいみたいですね。それにしてもすっぴちゃんとの体重さはすごい。すっぴちゃんにとっては本当にたよりになるアニキなんだろうな。
    mikicoさん芸術の秋ですね。
    すごい美術館!レストランの写真なんて映画のセットみたいですね。
    こんなところで働く人ってどんな気分なんだろうっと思ったりしました。
    今日の音楽はかっこいいですね。70年代、今思えば自分のうまれた頃って日本もいちばんいい時期だったんだろうな~。

  2. moon さんの発言:

    >思わずライトセーバー振ってみたくなったりして…。(笑)
    ↑mikicoさんのこういうとこ好きですよ♪
    おもわず、にっこり。。。。。。。。。。
    確かにう〜たんモコモコしてきましたね。
    今日のお写真のう〜たんはなんか、遠くを見て放心状態。。。。
    う〜たんも、秋の訪れにセンチメンタルなのかしらん?笑

  3. mikiCo さんの発言:

    とちもんさん
    いつもコメントいただきどうもありがとうございますっ!!!
    この間、本屋さんでうさぎの本を立ち読みしていたら
    「うさぎと小鳥はお互い興味を示さないから一緒に飼っても大丈夫」
    って書いてありました。(笑)
    思わず笑ってしまいました。
    うーたんはすっぴを「小さい子」と思って
    そっとしている感じですが、
    すっぴは確実にうーたんをアニキだと思って意識している!
    一緒にいるとそうなるんですね。
    今日はすっぴはたくさんお散歩しました。
    羽が一本も抜けてなかったので良かったですT-T。
    はー、いつになったら生えてきてくれるのだろうか…T-T。
    美術館、素敵ですよね~!
    私も、こんなとこで働いている人はいいなぁ~、って思いました。
    ガラスが何枚も重なるようにデザインされてて
    お掃除の人はそうとう大変だと思う!(笑)
    レストランは高そうだったのでもちろん行けませんでしたが、
    カフェエリアからカレーの良い匂いがしてきて
    これまたたまりませんでした。
    今度は行ってみたいな~。
    そうそう。70年代、って
    コンピュータが全然だったし、
    音楽にしてもアートにしても
    みんな自分の体から創っているのですよね。
    創ることが大変だからこそ
    出てきている人のクオリティが高い気がします。
    テクノロジーの進歩もまたすごいことなのですが…。
    それにしても70年代、
    良い時代だったのでしょうね。。。
    あ!とちもんさんちのシンジュサンも
    元気そうで良かったです。
    (見た目はキビシイけどなんだか親近感♪)

  4. mikiCo さんの発言:

    moonさん
    いつもコメントいただきどうもありがとうございますっT-T。
    「国立新美術館」、本当にすごい建物ですね。
    テレビで見たことはあったのですが、
    実際行ってみてびっくりしました。
    あれは絶対、スターウォーズ!(←バカですみませんっ)
    うーたん。(笑)
    そうなんです!
    この時、放心状態でしたー!
    最近、歳のせいか(?)
    うーたんもマッサージが大好きで
    鼻をかなり大きい音でフガフガ鳴らしながら
    超気持ちよくなっているところを
    写真に撮ったところでした。(笑)
    あ!でもmoonさんがおっしゃるとおり、
    うーたんはセンチメートルじゃなかった
    センチメンタルモードみたいです。
    最近はなぜだか特にひとりぼっちはイヤモードです。
    ホント、秋だからかもしれませんね!(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。