Site Overlay

Un Homme et Une Femme


CSで大好きな映画
「男と女(Un Homme et Une Femme)」が
ONAIRされていたので
久しぶりに観ました。
「Un homme et Une Femme」(1966)
うーん、やっぱり素敵。
クロード・ルルーシュ監督の20代最後の作品。
…20代で!
素晴らしすぎます、この洗練されぶり。
映像の美しさにはため息がでるし、
脚本も素敵過ぎる。
物語も半ば、
盛り上がる直前の、
“男”の心の中の独り言が最高。(笑)

Un homme et Une Femme (1966) – Car monologue
あぁ、やっぱりいいなぁ、
なんて思いながら、
今日もSmoothJazz系のネットラジオを聴きながら
作業をしていたら
フランシス・レイさんの
「男と女」オリジナル曲が流れてきました。
このチャンネルで
クレモンティーヌさんバージョンならわかるけど
オリジナルがかかるなんて!
渋すぎる。
でも素敵な曲はいつ聴いても素敵。
この曲、映画の中では
主人公二人の気持ちに合わせて
テンポがゆっくりまったりになったり
軽快になったり…。
一つの曲をいくつかのアレンジで
映画を盛り上げています。
それでは
気持ちがうきうきしている感じのアレンジの
美しすぎるシーンを。

Un Homme et Une Femme – Claude Lelouch (1966)
うーん、なんざましょ。
この素敵過ぎるセンス。
子供たちがまたほんっとかわいいし…。
しびれまくりです。
今月は何回もCSでOnAirされるようなので
何度も観てしまいそう…。
フランス語は(も)わからんちんなので
画面をしっかり見ないと…。
「ながら観」はできませーんっ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。