Site Overlay

Travessia

はーちゃんと元カノです。
一昨日からで二人一緒に来ています。
仲直りしたみたいです。
ああ。。ホントによかった。
今週は素晴らしい音楽に生に触れた一週間でした。
音楽のおかげで私はいろいろな出会いをいただき
生きていくうえで大切なものを
ひとつひとつ積み重ねて教えてもらっているように思います。
週の半ば、大切な友人のピアノを初めて聴きました。
一音目で、心を打たれました。
なんと、美しい音なんだろう。
優しくて優しくて、美しくて、、そして、、凛として。。
ピアノは彼女そのものでした。
彼女とは、
今思えば、実際には数えるくらいしかお会いしていないのですが
私の心の中で、いつも尊敬の想いがありました。
信じられないほどの大変な境遇にあっても
私がふと思い浮かべる彼女のお顔は
いつもキラキラした笑顔なのです。
彼女は大切な人をしっかり見送り
大切な人が愛した彼女のピアノと共に生きていくのだろう…。
最後に演奏された「Travessia」を聴きながら
涙を抑えるのに必死でした。
いつか彼女とこの曲を演奏したい。。。
私の一つの夢です。
ミルトン・ナシメントさんの「Travessia」。
素晴らしい曲です。



Milton Nascimento – Travessia

Travessia―ひとすじの道 (引用)
あなたが去っていって
僕の人生は夜になった
僕は強いはず。
だけれど、どうしようもないんだ。
この家はもう僕の家ではない。
この場所も僕の居場所ではない。
僕は孤独。もう耐えられない。
語りたいことがたくさんあるんだ。
道の真ん中で大きな声で叫ぼう。
僕の道は石ころだらけ。
どうして夢などみていられるだろう?
夢は風。
風は止むときが来る。
泣くのはやめよう。
死にたくなるから。
僕はこうして生きている。
君を忘れようと勤めながら。
もう死にたいとは思わない。
生きて、やりたいことがみつかったから。
また誰かを愛したくなるだろう。
もし、愛が報いられなくても
もう苦しんだりはしない。
もう夢はみない。
これからは、自分のこの手で
人生を切り開いていくんだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。