Site Overlay

So Many Stars



一週間ぶりのブログです。
4月ももう最後の週なのですね。
あっという間です。
今日は夕陽がとてもきれいでした…。
胸がぎゅっと苦しくなるような
悲しいことがたくさんあって、
それでも新緑が美しかったり、
つばめが一生懸命巣作りしていたり、
嵐のような雨はもう冬の雨とは確実に違っていて
時間は過ぎていく。
どんどん過ぎていく。
さて今日は
先日ふと想ったことを
ここに書き留めておこうかなぁ…、と。
映画や本、音楽、友達のお話…、
いろんなことから
自分では経験したことのないことを
聞かせてもらったり、
見せてもらったりして、
「うわー!すごい!」って感動したりすることがよくありますが、
以前、大切な友達から教えてもらった
「カモシカ山行」のお話もまたそれに漏れず。
その教えてくださった一連のお話が
あんまり素敵だったので忘れられず、
ときどき深夜にベランダで夜空を見ながら
そのお話を思い出していたりしていました。
「カモシカ山行」
星が降り注ぐような夜空の下、
山道を星明りだけでひたすら歩くこと…、
を想像。
その山道を歩いている人が
いつの間にかカモシカに変身していて
どんどん草を掻き分けて
細い細い足で夜を進んでいきます。
星が涙があふれてしまうほどきれい。
きっとそのカモシカは
山に愛されて、大地に愛されて、
星に愛されて、神様に愛されて…。
たくさんの愛に抱きしめられてるから
ぜんぜん恐くなくって。
カモシカは星光りだけで
真っ暗な山道を行きます。
ただただ美しいんです…。

…と、週末、
そんなことを勝手に想像しながら
聴いていた曲が
Sergio Mendes & Brasil 66の
「So Many Stars」。
この曲。
最近、よく聴いています。
なんて美しい曲なんだろう…、って
いろんな想いがついついあふれてきてしまう。
本当に美しい。
セルジオ・メンデスさんの名曲です。
YouTubeにアップされている映像も
なんか星空や宇宙のイラストが
本当に美しくって
間に入ってくる写真とかも
なんだかぐっと来てしまいます。
映像の一番最後のところで
映画「コンタクト」のジョディさんがちょっと出てくるところも
私にはツボでしたT-T。
それでは「So Many Stars」を是非!
(音があんまりよくないです~)

Sergio Mendes & Brasil 66 – So Many Stars
つまり、
友達のそのお話がどれだけ素晴らしく、
どれだけ私の心に響いていたのかを
書き留めておきたかったのですが…。
なんだか
妄想日記みたいなことになってしまった。(苦笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。