Site Overlay

Ribbon In The Sky

ワーナー・マイカル・シネマズで
「はやぶさ
 HAYABUSA BACK TO THE EARTH 」

を観てきました。
すごい混んでいたらどうしよう…、と思った行ったら
一番広い会場にお客様は
私を含めて5人だけ。
なぜか他の方は隅っこで座ってらっしゃるので
ど真ん中、特等席に座っちゃいました。
素晴らしかった。
本当に素晴らしかった。
いきなり最初から…、
そして最後の最後まで
ずっと涙が止まらない映画でした。ホントに。
「もぉ~、やめてぇ~T-T。」
ってな感じで涙(鼻水)が止まらなくて
お客様が周りに居なくて正直、助かった。(笑)
いえ、鼻水はさておき、
素晴らしい映画でした。
全編CGの映像は
ため息が出るほど美しく、
解説もとてもわかりやすく…。
制作者の方々の
この作品への愛情がどれだけ深いのかが
心にビシバシ入り込んで来てしまって
本当に想いが伝わってくる。
それにしても
はやぶさが宇宙にひとり、
がんばっている姿は
たまらないT-T。

HAYABUSA -BACK TO THE EARTH- 【Trailer】
ああ。
今このトレイラー見ても泣けてきてしまう。
地球も我々もはやぶさも宇宙の一つ。
信じられないくらい壮大な宇宙の歴史の一つ。
果てしなくて、
せつなくて、
愛しい。
ホント。
感心、感動させられっぱなしでした。
例えば、単純に
はやぶさのプロジェクトに関わっている方々の頭の良さ、とか
宇宙レベルでの時間の流れ、とか…。
原発の問題もそうなのですが
自分の周りにあったり、起こっていることなのに
知らないことが多すぎる!
はやぶさには
いろんなこと、気づかせていただきました。
6/3まで上映されているようなので
時間が許せばもう一度観に行こうと思います。
はやぶさ。
本当にありがとう。。。
以前のブログにも書いたけれど
はやぶさが撮った最後の写真をもう一度。
はやぶさ 最後の写真
映画の中の音楽も
本当に素晴らしかったのですが、
今日の音楽はスティービー・ワンダーさんの
「Ribbon in the Sky」を。
はやぶさに
この歌を、この詩を
ささげたい。

Stevie Wonder (HQ) – Ribbon In The Sky
くー、泣けるT-T。。。。(泣き過ぎっ)

Ribbon In The Sky」への2件のフィードバック

  1. とちもん さんの発言:

    2003年って私は何をしていたかな~っと考えていました。
    7年、それにかかわった人たちはどういう思いではやぶさを見守っていたんでしょうね。
    トラブル続きで、でも最後まで期待を裏切ることがなくって、偉業をはたして最後は大気圏に突入して燃え尽きたというのがなんともはかないかんじです。
    ゆっくりみれてよかったですね。そっかこんな映像があるんですか。学校の授業とかでも使うといいかもしれないですね。
    後継機への関心も高まりそうです。

  2. mikiCo さんの発言:

    とちもんさん
    いつもコメントをどうもありがとうございます!
    そうですね。毎日毎日7年も
    はやぶさと共に過ごしてきたのでしょうから
    映画で観ただけの私なんかでも
    燃え尽きたときは号泣してしまいましたが
    ずっと関わってきた方は
    本当に家族を失うような気持ちだったでしょうね。
    本当に愛しかっただろうと思います。
    周りにだれも居なかったこともあるけれど、
    映画館で思わず声を上げて泣いてしまった映画は
    初めてかもしれないです。。。
    はやぶさの展示の時、子供達もたくさん見に行ってる映像を
    ニュースで見ましたが、
    子供時代にあんなものを見てしまったら
    もうヒーローになっちゃうと思います。
    次世代にもどんどん素晴らしい研究が
    引き継がれていくといいですね。
    後継機もがんばって欲しい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。