Site Overlay

Tributo A Martin Luther King


一昨日、
地元の飲み友達ようこちゃんから
「HELP ME!」の
メールが届きました。
職場の人が外出先で
道に落ちていてカラスに狙われているっぽい
スズメさんを連れて事務所に戻ってきたのですが…
どうしたらいいのーっ!?
とのことでした。
すぐさま、彼女に電話して
「どんな状況?怪我は?」と聞いてみたら、
怪我はしていなくて、
ピーピー鳴いていてとっても元気…とのこと。

写真からしてくちばし黄色いから雛っ子だけど
そこまで羽もしっかり生えてるしその大きさだったら
たぶん親鳥と一緒に飛ぶ練習をしているところだったと思うので
怪我もしていないし、
できれば、保護した同じ場所に連れて行ってあげて
カラスさんとかネコちんに目立たないところに
置いてきてあげてみて~。
たぶん、ピーピーと鳴く鳴き声で
親鳥さんが飛んでくるから大丈夫!
と、彼女に伝えました。
彼女もすぐさま、「ハイ!了解!」と!
後からの彼女からの報告によると
保護した方がすぐに同じ場所に戻しに行ったら、
子スズメが数羽、そこにいたそうです。
うん、たぶん兄弟ですね!
お母さんもきっと探しまわっていたから
安心したでしょう!
その瞬間、カラスさんからその場を救った
会社の方にも感謝していること間違いナシ!
良かった良かった…。
がんばってうまく飛べるようになって欲しいですね。
そしてそして、
今度は昨日の朝方。
仮眠中の寝ぼけ頭に
またもやドキッとする電話。
電話はちょっと興奮したような感じの父からでした。
実家の庭には
両親がこの時期すごく楽しみにしている
ささやかなさくらんぼの木がありまして、
昨年は、「よし!赤くなってきた!明日収穫しよう!」
とあくる朝早く、張り切って外に出たら、
すでに一個もさくらんぼがなかったそうです。
はい、ヒヨドリさんに持っていかれました~。(笑)
父も母もショックだったらしくて…。
でも今年は鳥さんより、先に採るんだ!と
今年もまた張り切っていたのですが…。
昨日の電話は、
ふと外を見たら、さくらんぼの木にかけていたネットに
鳥が引っかかっていて動けなくなっていた!とのこと。
父は、そのネットを切って、キッチンで
絡まっていたネットを鳥さんから外したそうです。
やっぱり怪我はしていないらしく、
キッチンの中をイ~ヨイ~ヨ鳴きながら
バタバタ飛んでいるんだけど、
このまま放して大丈夫かね?
という内容の電話でした。
父は鳥の種類はわからなかったみたいですが、
特徴からヒヨドリの雛っ子っぽい。
ネットを外したときも怪我をしている様子はなかった、
今、部屋をバタバタ飛んでいる、
ということだったので、
そんじゃ、ガラスにぶつからないように
窓を開け放てば外に飛んでくでしょう!
怪我さえしてなければ、お外に戻してあげて~。
解った!と安心したような父。
その後、すぐさま、窓を開け放したら
ひよどりの雛っ子はパタパタと外へ飛んでいったそうです。
良かったよ~。
よっぽど美味しいのかしら?
そのさくらんぼ。
来年はみんなでシェアできるといいねぇ。(笑)
それにしても二連チャンで身近で雛っ子の話題。
ちょっとびっくりしました。
そして、今日はすっぴの病院の日。

昨年の9月の退院から、
週一の病院通いというすっぴでしたが、
次の診察は二週間後になりました!祝T-T!
小さい小さい体ですが、
がんばってマス!

ベランダでくつろいでいるうーたんを見つけて
網戸の手前でうーたんを見つめるすっぴ。
うーたんが大好きなすっぴと
チビには手を出さないうーたん…、
ま、良いコンビですね。(笑)
今はたくさんの雛っ子たちが
一生懸命飛ぶ練習をしている季節。
みんな、大空をうまく飛べるようになるといいな。
がんばってねーーー!
さてさて今日の音楽。
29日のいわしのライブで、
ギターのハギさんが歌うのが
ブラジルの兄貴、Wilson Simoninha(シモニーニャ)さんの曲。
そんなつながりから、
今日はWilson Simoninhaさんのお父様、
Wilson Simonal(シモナル)さんを…。
「Meus Momentos / Wilson Simonal」(1996)
このアルバムはヒットソングを集めたコンピなのですが、
いやもう、楽しい曲がいっぱい!
シモナルさんのお人柄と
ブラジルの最高のエンターテイナーと言われた彼の
歌のうまさを実感できる幸せな一枚。
私はブラジルの兄貴シモニーニャさんを知る前に
まずお父様の歌を知っていたので、
シモニーニャさんの歌声を聴いたとき、
「なんと!お父様にそっくりではないかっ!」と
ものすごい感動しちゃいました。
シモニーニャさんにはMax de Castroさんという
やっぱりブラジルポップス界では外すことのできない
弟さんもいます。
マックスさんの音楽はシモニーニャよりもっとロックより…かな。
で、昨年、
シモナルお父様を追悼した「Baile do Simonal」という
ライブイベントの映像がYouTubeにありましたので、
同じ歌の親子の歌声を是非是非!
「Tributo A Martin Luther King」という
シモナルお父様の代表曲。
Martin Luther Kingさんを称えた歌で、
シモニーニャの十八番でもあります。

Wilson Simonal canta Tributo a Martin Luther King

Wilson Simoninha canta “Tributo A Martin Luther King” no Baile do Simonal – Globo – 12/12/09
最後の最後でハグしているのは
弟のマックスさんですね。
ソウルを受け継いでいく、って
すごく素敵ですね…T-T。
野生の世界は過酷だと思いますが
雛っ子たちも親鳥さんのソウルを受け継いで
がんばって欲しい、としみじみ思う今日のこの頃です。
<追記>
ワォ!!!
シモナルさんの
なんともいいお顔をした映像があったので是非!
※注 ネクタイ頭に巻いた宴会オヤジじゃありません。
「Pais Tropical」という、これもまたヒット曲です。

Wilson Simonal  /  Pais Tropical
この、笑顔!
泣けるT-T。

Tributo A Martin Luther King」への2件のフィードバック

  1. とちもん さんの発言:

    どきどきして読んでいました。
    よかった~、こすずめちゃん無事兄ちゃんやねえちゃんのとこにかえれたんですね。
    でも本当に保護してくださった方に感謝ですね。
    そしてご実家のひよどりさんも。
    この前新聞の投稿欄でみかけた記事を思い出しました。いちごの苗をかって来てプランターで栽培していたらいちごができて、それをご夫婦とお孫さんとで楽しみに毎日眺めていて食べごろっという時に目の前でひよどりにとられて一瞬に夢が消えたっとかかれていました。
    「ひよどりやるな~。」っと感心していたらご実家でもおなじような被害にあわれたんですね。
    すっぴちゃんもくちばしの横のところが黄色いひなっこの時期があったんですね~。もうすぐ3年ですね、よくがんばって大きくなりました。小さいからだでがんばってすごいです。
    うーたんもすっぴちゃんがかわいいんだろうな~。あまり見かけないコンビですね。

  2. mikiCo さんの発言:

    とちもんさん
    いつもコメントをどうもありがとうございますT-T。
    二日連チャンで、鳥で困ったT-T、という連絡が届き、
    ちょっとびっくりしたのですが、
    結局みんな怪我もなく無事で、
    ちゃんと野生に戻れたのでホント良かったです!
    そうそう!
    その新聞の投稿欄の方と、私の両親、
    まったく同じ感じですね。(笑)
    両親の話を聞いたとき、
    私も、「ひよどりやるな~。」と思っちゃいました。
    なんかちゃんと食べごろを知っているし、
    毎日食べごろの偵察に来ていたそうです。
    なんかかしこくてすごい!!!
    すっぴも最初は丸裸で口ばしも黄色く
    いつ死んじゃってもおかしくない感じでしたが、
    頼りなさげながらも
    えっこらえっこらがんばってます。
    とちもんさん、いつもすっぴの応援を、
    本当にありがとうございますT-T。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。