Site Overlay

fool for the moon

尊敬すべきライターの金澤寿和さん
VIVID SOUNDさんと素敵な音楽を届けてくれる
「LightMellow’s Choice」第1弾のアルバムが
Steve Eatonさんの「Out of the Blues」(2005)。
1曲目からやられてしまいました…。
かっこいい…。
「fool for the moon」。
満月の夜に恋の魔法にかかってしまう男の人の物語の曲。
聴いていると
本当に物語が浮かんでしまう素敵な曲。
steveさん、ジャケットを見ると
紳士的なひげの似合う素敵なおじ様といった感じ…。
…でも
音楽をずっとずっと続けてこられているバックには
いろんな事があったのだろうな…、と思うと
ずっとずっとずっと音楽を作り続けている方は
もうそれだけで泣けてきます。尊敬です。
その上、音楽がすごくイイのですもの…T-T。
4曲目の「hello to goodbye」、
5曲目の「out of the blues」と連チャンで
胸がキュン…と
涙腺を緩ませてくれちゃいました。
10年後も20年後も30年後も…
いえ、できれば死ぬまで
ずっとずっと私なりに音楽を続けて行きたいな、
と思うのでありました。
さてと
うーたんとちょっとぺったり遊んでから
仕事がんばろぉっと!(やる気だけは満々!)
最近、うーたん思春期で反抗期T-T。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。