Site Overlay

Ele E Carioca


Ella Fitzgeraldさんの名盤「Ella abraca Jobim」の話が出たので
久しぶりにアルバムを引っぱり出して聴いています。
「Ella abraca Jobim / Ella Fitzgerald」(1980-1981)
改めて素晴らしさに感激。かっこよすぎ!
アントニオ・カルロス・ジョビンさんの名曲ばかりを
エラさんが歌っているのですが、
プレイヤーの皆さんがまた素晴らしすぎるぅっ!
なんといってもかっこいいのが
ボサノヴァの名曲を16ビートにアレンジした
「Ela e Carioca」。
あんな楽しいアレンジの「彼女はカリオカ」は
他に聴いたことがないです…。
なんかかっこよすぎて涙すらでてしまう。(感激のT-T)
ベースのエイブ・ラボリエルさん、
ドラムのアレックス・アクーニャさん、
パーカッションのポーリーニョ・ダ・コスタさんの
ご機嫌なリズムにはついつい体も揺れてしまう。
それに何と言ってもエラさん!しびれます。
16ビートなので
「カリオカ16」と言って昔よく演奏していた
懐かしい思い出もありますが…、
それにしてもこんなステキなアルバムを
棚の奥に入れっぱなしで忘れていたなんて~。
思い出して良かった!
何度も繰り返し聴いてしまいました~。
クーーーーーッ、ノリノリ、
これで仕事もはかどりマンボ!
(仕事したくなくなったりして…苦笑)
写真は先日のナイトアクアリウム、
「タツノオトシゴ」です。
暗いからよく解らないなぁ~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。