Site Overlay

Can’t Hide Love


先日、
友人とその友人のお友達のおうちへ
めだかちゃんが5匹ずつお嫁に行きました。
中でも命名されていた白姉さんが
友人の「白くてきれい~」の一言で
嫁入り決定。
一目ぼれですな。
友人のおうちではめだかちゃんが成魚になったら
しまどじょうちゃんと合流するそうで、
また楽しい水槽になりそうだなぁ。
みんな、元気でね。
すっぴも時々はしゃぎすぎて「ぜぇぜぇ」しつつも
元気です。

時々
日光浴中の鳥かごのほうを見ると
うーたんが鳥かごの隣で座ってくれてたりするのには
ちと驚きです。
うーたんはやっぱりすっぴがいないと
さびしかったんだねぇ。
相棒なんだねぇ。
さてさて今日はちと音楽のことも…。
‘Ndambiさんのスタジオライブが入っている
2ndのアルバム「Tunin Up & Cosignin」の中の
「can be this love」という曲。
E,W&Fの「can’t hide love」がそのままアレンジの中に入っていて
なんかすんごいかっこいいんです。
でも聴いていると後半の部分が
E,W&Fの「can’t hide love」というより
Camen McRaeさんの「can’t hide love」を
毎回思い出してしまって…。
「Can’t Hide Love / Carmen McRae」(1976)

Carmen Mcrae- Can’t Hide Love
カーメン・マクレーさん。
ハイラムブロックさんじゃありませんよー。(彼も最高ーT-T。)
ジャズボーカリストの中でもすっごい好きです。
…うーん、やっぱり私は
男らしい女性アーティストが好きなんだろうか?
(やばいやばい…、何の気だ?)
Rad.やタニア・マリアさんと同じ感じで
女惚れしてしまいます。
またこの「can’t hide love」という曲が
カーメンさんのかっこよさをすんごく引き出す曲で
ホントにぴったりなんです。
そのセンスにも惚れる。
演奏しているミュージシャンも、
Joe Sample (ep)
Larry Carlton (g)
Dennis Budimir (g)
Wilton Felder (b)
Harvey Mason (d)
Victor Feldman (p)
なぁんてすごい面子なのでしょうかーT-T!
この辺を見るとマリーナ・ショウさんの
「Who Is This Bitch, Anyway?」の
アルバムメンバーを思い出したり…。
すごい時代だなぁーT-T。
いちいち
「憎いよっ、このっT-T」、ってな
フレーズが満載です。
あ、それからっ
N’dambiさんの「can this be love」のアレンジも
本当に本当にすっごいかっこいいです。
彼女にも女惚れですわ…。
…しかしまぁ、「can’t hide love」。
素晴らしい曲ですね。
やはりモーリス・ホワイト氏は神ですT-T。
はぁ、
すごいことだらけで眩暈がするぅ~。
-追記-
Can’t Hide Love、
よく見たら作者はSkip Scarboroughさんという方でした。
ソウルファンにはかかせないソングライターさんだそうですー!

Can’t Hide Love」への2件のフィードバック

  1. 匿名 さんの発言:

    めだか親父です
    お知らせが有ります
    11月 14 15日で
    横浜産業文化センター1Fにて
    うさぎフェスタがありますよ
    言って見てわいかがですか
    めだかフェスタはいつでもやってますよ

  2. mikiCo さんの発言:

    めだか親父様
    いつも書き込みをどうもありがとうございますー!
    先日、車で酒屋さんの前を車で通ったとき
    めだか親父さんが集いの中にいらっしゃったような…。
    お見かけしたかもしれないご報告でした。
     (違ったらごめんなさい >-<。)
    うさぎフェスタ、とっても気になりますー!!!
    うさぎ好きにはたまらないですね!
    行けそうだったら行ってみますっ!
    めだかフェスタ、今度伺いますっ!!!!!(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。